妊娠中に現れる正中線と妊娠線は別のもの?
原因や消し方、できやすい人の特徴も違うの?

妊娠中に現れるお腹の縦線の正体は?

徐々に大きくなるお腹に登場する縦の線。これが妊娠線!と思ったあなた、その線は妊娠線ですか?それとも正中線ですか?両者ともに妊婦さんのお腹にできる特有の線ですが、別々のもので、どこが違うのかご存じでしょうか。正中線と妊娠線の違いについてまとめました。

正中線とは?

妊婦のお腹にあらわれる、おへそから上下に伸びる正中線は、元々誰にでもあるもので、人間の細胞の結合部分。普段は薄くて見えないことが殆どですが、妊娠に伴うホルモンバランスの影響でメラニン色素が増加し、体毛が濃くなったり、色素沈着が起こると、黒ずんで濃く見えるようになってくるのです。

いつ頃から目立つか、どの程度濃くなるかは個人差が大きく、まだお腹が目立たない時期からはっきりしてくる人もいます。

妊娠するとプロゲステロンなど急激に増加するホルモンは、紫外線から胎児を守る為に体毛やメラニン色素を増加させます。

顔のシミやソバカスが目立つようになったり、増えたり、乳首や乳輪、脇の下等が黒ずむことがありますが、正中線が目立ってくるのも同じことなのです。

尚、正中線は産後ホルモンバランスが元に戻れば自然に消える(目立たなくなる、見えなくなる)のが一般的ですが、中にはなかなか薄くならず目立ったままの人もいます。

妊娠線とは

一方、妊娠線とは大きくなるお腹のスピードに皮膚の伸びが追いつかず、真皮が裂けてしまい、線のように見える「断裂跡」のこと。

私たちの皮膚は一番外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層に分かれています。比較的伸張性のある表皮と比較すると真皮や皮下組織は弾力性の乏しい為、胎児の成長に伴い急激に腹部が大きくなるスピードについていけず、断裂してしまう部分が出てきます。

この裂けた部分から毛細血管が透けて見えることで、赤紫色や茶褐色のような線が出現します。これが妊娠線と呼ばれる線。

腹部だけでなく、太もも、二の腕、ばすと、お尻等にも出来ることがあり、また、本数も1、2本の人から10本以上の人迄個人差があります。

残念ながら真皮と皮下組織の断裂は元に戻りませんが、表皮の凹凸は保湿等のケアを早めにスタートさせることでかなり回復が期待できると言われます。

妊娠線が消えることはないにせよ、なるべく出来ないようなケアと、出来てしまっても薄くなるように、出産前からの丁寧なケアが大事です。

正中線と妊娠線の違い

前述の通り、正中線は「濃く見えている色素沈着」、妊娠線は「皮膚の断裂跡」ですから、成り立ちがまったく違いますし、予防方法やケアもそれぞれ別なポイントがあることがわかります。

どちらも見た目を気にする女性には深刻な悩みとなることもありますので、出来てしまうのは仕方ないにせよ、なるべく軽く済むように、早く目立たなくなるように、お腹が目立ってくる前からのケアはしておくべきと言えるでしょう。

何もケアしなくても、妊娠線は出来なかった、正中線も目立ってこなかったという妊婦もいるのは事実ですが、マメにケアをしていた妊婦の方が、妊娠線や正中線が出来たとしても、産後キレイに消える確率が高いのも事実なのです。

正中線の出来やすい人、妊娠線の出来やすい人はいる?

正中線の場合、特に出来やすい人の特徴というのはないようです。

一方、妊娠線の場合、出来やすい人の特徴がいくつかあります。

体重が12㎏以上増加する

つわりが過ぎ安定期に入ると食欲も増加し、血液量も徐々に増加する為、かなり太りやすくなります。元々太りやすい体質の人もより太りやすくなります。

体重が12㎏以上増加するとそれだけお腹も大きくなり妊娠線が出来やすくなってしまいますので、体重管理に注意することも妊娠線予防につながります。

乾燥肌

妊娠中はホルモンバランスの変化の影響で肌が乾燥しやすくなりますから、元々乾燥肌の人は更に潤い不足で皮が伸びにくく、妊娠線が出来やすくなります。

皮下脂肪が厚い

皮下脂肪は弾力性が乏しいので、もともと太り気味で皮下脂肪が厚い場合は妊娠線が出来やすくなります。

経産婦

過去に集散経験があると初産に比べて子宮が柔らかく伸びやすい為、お腹が急に大きくなりやすくなっています。この為、2度目以降の出産では妊娠線ができやすくなります。

中でも一人目の出産で妊娠線が出来なかった人や、上の子供の世話で忙しい場合、今回も大丈夫という思い込みでケアを怠りがちなことも、妊娠線をできやすくしてしまいます。

多胎児妊娠

双子、三つ子などを妊娠すると、子宮がかなり大きくなりますので、妊娠線ができやすくなると言えます。

高齢出産

肌の弾力は加齢によって失われていきますので、年齢が上がる程肌が伸びにく、妊娠線ができやすくなります。

正中線も妊娠線も出来る前からの予防が大事

正中線と妊娠線は違うものですが、まずは肌の弾力性を保ち、ターンオーバーをできるだけ正常に保つ為に、しっかりとスキンケアして保湿することが重要です。

ケアクリームを選ぶ際には、妊婦が安心して使用できるものの中で、十分な保湿力があるものを選びましょう。更に正中線対策には美白成分が配合されているものがおすすめです。

いずれの場合も、何を塗るかと同じくらい、きちんと継続してケアすることが大事です。

自分で塗るのが大変になってきたらご主人に塗ってもらう等、とにかく毎日の習慣にしていきましょう。

正中線ケアで産後も美しいお腹に!

正中線専用クリームでお腹の黒ずみが消えました!

産後・妊娠中の正中線にお悩みの方は要チェック!
お腹の黒ずみケアに適した医薬部外品美白クリームでキレイなお腹を取り戻しませんか!

28日間返金保証・初回約86%OFF 送料無料!
 正中線専用クリーム「メイドバイマム」の詳細はこちら

ページの先頭へ