メラニン生成を抑制し正中線を消す食生活とは?

食べ物で正中線予防&改善

色素沈着を抑え、正中線や妊娠線の黒ずみが目立ってくるのを予防するには、食生活でメラニン生成の抑制、を意識するのも大切です。

サプリメントで補える成分もありますが、妊娠中、授乳中は安易にサプリメントを飲めませんし、様々な成分の相乗効果からも、まずはメラニン色素を減らす食べ物で美白効果を意識したいものです。

メラニン生成抑制に有効とされる食べ物や成分、食べるタイミングの注意事項などをまとめました。

ビタミンCは美白の味方!回数を分けて摂るのが大事

ビタミンCはメラニンの生成を抑制するだけでなく、コラーゲン合成を助け、体内で抗酸化物質として作用し、シミを薄くすることが期待される成分です。

アセロラ、トマト、ピーマン、ブロッコリー、いちご、キウイ、菜の花、ほうれん草、小松菜など野菜や果物に豊富に含まれていますので、毎回の食事で積極的に摂りたい食ベものです。

ただし、ビタミンCは水溶性で体内に貯められる量は一定です。いくらたくさん摂っても尿で排出されてしまいますので、できるだけ回数を分けて食べることが効果的です。

ビタミンEはターンオーバーを促進させる

ビタミンEには血流を促進させ、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を促進させる作用があります。

ビタミンEは色素沈着してしまったメラニン色素の排泄を助ける作用があるので、シミや黒ずみを薄くする効果が期待される成分です。強い抗酸化作用で活性酸素を除去し、メラニン生成を抑制すること等から「アンチエイジングビタミン」とも言われています。

ビタミンEはアーモンド、ヘーゼルナッツ、抹茶、いくら、うなぎ、アボカド、たらこ、かぼちゃ、モロヘイヤ、ひまわり油等に豊富に含まれています。

さらに、ビタミンCと同時摂取すると、活性酸素除去で失われた効力を再度取り戻せる相乗効果が認められています。

メラニン色素を減らすリコピンはトマト加工品で摂る

トマトに豊富に含まれるリコピンはチロシナーゼ(メラニン色素の生成に関わる酵素)の働きを弱める効果がありますから、積極的に摂りたい栄養。メラニン色素を減らす食べ物でもあるトマトは美白効果も期待できるんです。

リコピンは生のトマトより、トマトジュースや水煮缶、ケチャップ等の加工用トマトの方に多く含まれています。また脂溶性ですから油と一緒に摂ると吸収が良くなるので、料理に使うのが効果的です。

美白成分Lシステインはメチオニンの多い食品で増やす

Lシステインはメラニン生成を抑制する働きがあり、美白化粧品やサプリメントにも配合されている成分。

体内で合成する際に必要な必須アミノ酸メチオニンを摂取することでLシステインも増やせると考えられます。

メチオニンが多く含まれる食べ物は肉類、青魚、牛乳、大豆製品など。ビタミンCと同時に摂取すると相乗効果が期待されます。

アスタキサンチンの抗酸化力は強力

アスタキサンチンの抗酸化力は強力で、活性酸素を除去し、メラニンの生成を抑制する効果が高いことで知られています。

アスタキサンチンは鮭、いくら、海老、かに等の魚介類や甲殻類の赤い部分に多く含まれています。また、脂溶性のアスタキサンチンは油で調理して摂ると効率が良くなります。

ストレスはターンオーバーの乱れの原因に

ストレスを強く感じていると、肌トラブルやターンオーバーの乱れの原因となります。/

ストレスは自律神経の働きに影響を与える為、イライラや不安によって自律神経が乱れれば血行不良、肩こり、食欲不振等が生じます。

その結果、血行悪化、栄養不足、血管の収縮等によりターンオーバーのリズムも乱れてくるのです。

ストレスを感じないようにするのは難しいことですが、自分なりのストレス解消方法、リラックス方法を見つけ、ストレスと上手につきあいましょう。

特に妊娠中は肉体的に疲れやすいことを自覚し、心身ともに無理をせず、母体を休めるのを最優先にして下さい。

ターンオーバーを整える生活習慣は、当たり前のことが多いのですが、毎日しっかり実行できていないことも多いと思います。

当たり前のことを毎日積み重ねるのを改めて心がけ、心身ともに健康的な生活を送るのは、ターンオーバーのリズムを整えるだけでなく、妊娠生活も健康にしてくれるはずです。

光毒性ソラレンをもつ食べ物に気をつけよう

メラニン色素を抑制する食べ物の中には、『光毒性』を持っていて、食べるとかえって日焼けしやすい状態を作り出してしまうものがあります。

光毒性とは、日光にあたると反応し、紫外線を吸収して肌にダメージを与える性質のこと。私達がよく食べる食材に含まれる光毒性を持つ成分としてはソラレンがあげられます。

ソラレンを含む食べ物はレモン、グレープフルーツ、キウイ、オレンジ、きゅうり、セロリ、しそ、パセリなど。意外ですが、美白や美肌に良いとされるものが殆どですね。

光毒性ソラレンを含む食品をたくさん食べた後に紫外線を浴びるとシミの原因になりますので注意が必要です。ただ、ソラレンは食後2時間ほどで吸収され光毒性の心配はなくなりますので、朝食に食べるのは控え、夕食に食べれば問題はありません。

以上のように、メラニン色素の生成を抑制する食べ物の種類は多く、妊娠中や産後の食生活にこれらの食べ物を取り入れれば、正中線や肌の黒ずみ対策としても効果が期待できそうです。

ただし、美白以外のスキンケアにも言えることですが、ある特定のものを食べていればいいというものではありませんのでバランスのいい食事を心がけましょう。

光毒性のある食べ物は摂るタイミングに気をつけながら、効果的な食材を積極的にプラスして、バランスの良い献立にしていきたいですね。

正中線ケアで産後も美しいお腹に!

正中線専用クリームでお腹の黒ずみが消えました!

産後・妊娠中の正中線にお悩みの方は要チェック!
お腹の黒ずみケアに適した医薬部外品美白クリームでキレイなお腹を取り戻しませんか!

28日間返金保証・初回約86%OFF 送料無料!
 正中線専用クリーム「メイドバイマム」の詳細はこちら

ページの先頭へ