運動で正中線や肌の黒ずみは改善するの?

適度な運動も妊娠線予防や改善に効果的

正中線を消す為の方法の一つが、メラニン色素の排泄を促すターンオーバーを活発にすること。その為には運動を習慣にすることが大切です。

運動が美肌に役立つ理由や運動とターンオーバーの関係、妊娠中にもおすすめの運動など、正中線対策に役立つ運動についてまとめました。

運動でターンオーバー活発化&メラニン色素排泄を促進

運動すると血行が良くなることで全身の新陳代謝、ターンオーバーが活発化。すると肌細胞の生まれ変わりやメラニン色素の排泄などのサイクルが早くなり、シミやくすみ、肌の黒ずみが薄くなることが期待されます。

血行が良くなると全身に栄養が運ばれやすくなる、冷えや便秘の改善に加え、筋肉がついてくると基礎代謝量も上がり、太りにくい体作りにも役立ちます。

正中線に限らず、肌トラブルを改善するというと、直接肌に何かを塗る、サプリメントを飲むといった方法が注目されますが、実は運動は美肌維持に大変有効な手段で、週に2日の適度な運動でも継続すれば、肌の状態が明らかに良くなっていくことがことが分かっています。

正中線についても保湿&美白クリーム等でのお手入れはとても大事ですが、適度な運動で全身の代謝を上げることも同じくらい必要です。

妊娠中は母体をいたわる必要はありますが、妊娠後期から出産、産後の子育てにかなり体力が必要な為、適度な運動が推奨されています。

正中線の予防、対策にも是非運動の習慣を身につけたいものです。

妊娠中の運動は安産にもつながります!

妊娠中も適度な運動をすれば出産に向けての体調管理にも有効です。妊娠後期にお腹や腰を支える筋肉、出産に必要な腹筋、産後の子育に必要な体力は適度な運動で向上、維持されます。

妊娠前から運動をしていた人はその運動を続けることも可能ですし(医師への事前相談は必須)、殆ど運動の習慣が無かった人は妊娠を機会にとりいれてみましょう。

基本的に妊娠中の運動可能期間は一般的には妊娠16週以降の安定期と分娩直前迄です。

妊娠初期は体調が良かったとしても、安静が必要なので、運動は控えるのが一般的です。また安定期であってもお腹が張っている時は運動禁止ですし、運動の最中にお腹が張ってきたらすぐにストップして休んで下さい。自分の体調には常に注意を払ようにしましょう。

過保護になりすぎるのは良くありませんが、決して無理せず、医師や看護師に相談してから運動を始めてみてはいかがでしょうか。

妊婦にオススメの運動

妊娠中は大事にし過ぎず適度な運動を継続することで、太りすぎの予防、体力・持久力向上、安眠、むくみ改善、腰痛改善、便秘解消といったメリットが多く、早産のリスクを高める可能性も低いとされています。

激しく動けない妊娠中におすすめの運動は有酸素運動。

有酸素運動は「激しく動かず、負荷は軽いが持続性のある運動」のこと。ジョギング、水泳、サイクリング、ウォーキング、ヨガ、ストレッチ、踏み台昇降等がそうです。

お金もかからず始められるウォーキングはおすすめ。
まずは日中日差しが強い時間帯や朝晩の寒い時間帯を避け安全なタイミングで、スニーカー等をはいて、20分程度の散歩から始めましょう。

ダラダラ歩くとあまり効果が無いとも言われますが、頑張りすぎると続きませんので、まずは快適な速度で構いません。慣れたら少しずつ歩くスピードを上げていきますが、疲れたら休む、無理はしないのが鉄則です。

またマタニティ体操、安産体操など妊婦のための体操があり、病院や保健所で教える機会を設けていることもありますので覚えて続けるのもおすすめです。

一人ではつまらない、続かない人には、マタニティスイミング、マタニティヨガ、マタニティピラティスなど妊婦が安心してできる習い事も増えています。時間と余裕があれば体験レッスンに参加してみるのもいいきっかけになると思います。

妊娠中の運動は産後の体型戻しも有効です

出産で広がった骨盤をもとに戻さないと、脂肪がついた「洋ナシ体型」「下半身太り体型」につながります。

産後は骨盤を元の位置に戻すことが大事ですが、もともと筋肉がしっかりついていない人程、伸びた筋肉と骨盤を元に戻すのが難しいとされています。

しかし、妊娠中に筋肉をつける努力をしておくと、産後の体型戻りも楽に早くできるのです。また、もともと運動の習慣があると、産後も元に戻す努力がさほど負担になりません。

反対に妊娠前も妊娠中もほとんど運動をしなかった人は、産後の子育て中の合間に運動を取り入れるのがかなり大変で、結果的に産後の体型戻しに時間がかかったり、体重が減らなかったりする傾向があるようです。

適度な運動を継続しておけば安産だけでなく、産後の体型戻しにも効果的です。正中線対策にももちろんおすすめというわけで、ぜひ頑張って体を動かしたいものです。


このように適度な運動が血行改善し、肌のターンオーバーを促進すれば、黒ずみの原因であるメラニン生成も抑制され、沈着した色素も順調に剥がれ落ちていきます。

妊娠中の運動は安産の準備にもつながりますので正中線対策とあわせてぜひ続けていきたいもの。無理なく、心地よい範囲で行ってください。

正中線ケアで産後も美しいお腹に!

正中線専用クリームでお腹の黒ずみが消えました!

産後・妊娠中の正中線にお悩みの方は要チェック!
お腹の黒ずみケアに適した医薬部外品美白クリームでキレイなお腹を取り戻しませんか!

28日間返金保証・初回約86%OFF 送料無料!
 正中線専用クリーム「メイドバイマム」の詳細はこちら

ページの先頭へ